NEWSお知らせ

ブログ

企業がビジネスコーチングを取り入れるべき理由

 

働き方改革が進み、副業をする人が急増しています。

また、会社に属さずにフリーランスとして働く人も非常に増えており、会社組織の中で働き続ける意義は昔ほど高くないというのが現実です。

そんな時代ゆえに、企業は今までのようなマネージメント主体のやり方を変化させる必要性に迫られています。

実際に、「ビジネスコーチング」を導入し、組織としての強さを高め始めている企業も存在するのです。

ビジネスコーチングを始めなければ今後企業はどのように変化していくのでしょうか?

また、ビジネスコーチングを実践することで、企業はどのように変化していくのでしょうか?

この記事では、そんな「企業がビジネスコーチングを取り入れるべき理由」「導入する難しさ」について解説していきたいと思います。

 

ビジネスコーチングを導入する難しさ

 

ビジネスコーチングは、これからの時代に必須のシステムであるにもかかわらず、それほど急速に導入されていないというのが現実です。

いったいなぜ導入する企業が急速に増えないのかというと、それは「コーチングは非常に難易度が高い」からです。

組織の管理者クラスが今まで行っていた「マネジメント」では、定期的に部下からヒアリングをしてフィードバックしていくような方法が主体でした。

組織が円滑に進むように人やモノや金が円滑に流れるようにチェックをし、分析しながらその後どう動くべきかを的確に指示していくのです。

しかし、コーチングの場合は、部下と1対1でコミュニケーションを取り、部下自身が自ら考え、行動すべきことを選択していけるようにしていかなければならないのです。

コーチングを導入するには、上司に当たる役職者が一定以上の「コーチングスキル」を身に付ける必要があります。

どんなタイプの社員とも円滑に話を聞き、問題点や成長するために必要なことを導き出せるようなコミュニケーションスキルが必要です。

具体的には、話を聞くスキルと質問するスキル、そして相手を認めながらも自身で答えを出せるように話を導いていくトークスキルが必要なのです。

そういった意味では、何の準備もなく企業がいきなりビジネスコーチングを導入するのはなかなか難しいと言えるのです。

 

それでも企業がビジネスコーチングを取り入れるべき理由

 

ビジネスコーチングを企業が取り入れるのは、前述した通りなかなか難しいというのが現実です。

しかし、それでも企業はなるべく早くビジネスコーチングを取り入れるべきだと言えます。

その理由としては、以下のようなことが考えられます。

 

現代は予測不可能なVUCAの時代であるから

現代は、ありとあらゆる物事が急激に変化する時代です。

昨日までの当たり前が急に通用しなくなることも十分にあり得るので、1つの考えや手法にこだわってしまうと、変化に伴って一気に足元をすくわれてしまう可能性があるのです。

「VUCA」とは、

Volatility(変動性)
Uncertainty(不確実性)
Comolexity(複雑性)
Ambiguity(曖昧性)

の頭文字を取った造語です。

 

現代は、ITの急速な発展はもちろん、人の意識の変化もめまぐるしく、既存の枠組みが通用しなかったり、「これを行えば解決できる」という明確な解決法が見つけにくいという現実があります。

組織のトップが独断で物事を判断し、トップダウン形式で組織を動かしてしまうと、そういった急激な変化に対応できず衰退していってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

優秀な人材を引き留めておくことができなくなるから

冒頭でも解説した通り、現代は働き方改革が進み多くの企業で副業を解禁しています。

また、ネット社会ゆえに組織でなく1人でもビジネスを成立させることが容易になってきているため、能力的に優秀な人は組織に依存しなくても一定以上の収入を確保できる時代となっています。

つまり、これまでのような「上からの指示を的確に行うだけの仕事」では、モチベーションを維持しにくくなってきているわけです。

実際に、多くの優秀な社員は企業を退社して独立したり、個人の能力を最大限に発揮でき成長も見込める大手の企業へ転職しています。

更に言えば、大手企業であってもマネジメント主体の経営をしていては優秀な人材が流出してしまうリスクがあるとも言えるのです。

 

早急にビジネスコーチングを企業に導入するためには「コーチング研修」を行うことが有効

 

ビジネスコーチングは、難易度が高いゆえに導入が難しいというのが現実ですが、いつまでも二の足を踏んでいては時代に乗り遅れ衰退の一途を辿ってしまう可能性が高いと言えます。

そうならない為にも、「コーチング研修」を積極的に行うことが非常に有効となります。

現在では、コーチング研修が行っている会社も多く存在します。

実際にコーチングを行う立場である部下を持つ管理職を研修に参加させることで、基礎的なコーチングの知識を得られるだけではなく、ロールプレイングなどを行い実践で使用できるスキルを身に付けることができるのです。

 

企業がビジネスコーチングを取り入れるべき理由 まとめ

 

今回は、「企業がビジネスコーチングを取り入れるべき理由」と「導入する難しさ」について解説してきました。

 

・現代は予測不可能なVUCAの時代であるから・優秀な人材を引き留めておくことができなくなるから

 

これらの理由によって、企業はいち早くビジネスコーチングを導入すべきだと言えるのです。

「今のままではまずい」と感じている経営者の方は、ぜひ積極的に管理職の「コーチング研修」を実施してみてはいかがでしょうか?

 

Points of Youでは、社内やチームで「ビジネスコーチング」を取り入れたい方へ、オリジナルワーク「たった5分で組織が変わる」をプレゼントしています。

フォームからお名前とメールアドレスを入力するとプレゼントのワークをお受け取りいただけます。

 

instagramInstagram